最近、エコ活動と称して読み終えた本をまた一から読み返す、ということをしています。
単に新刊を購入するのが嫌なだけなのですが。
読み終えてから一年か半年ほど経って、だんだんと内容を忘れかけてきたころに読み返すのがベストな感じです。

直後とかでは全然読み返す気にならないです、当然のことながら。
密室殺人なんかだと、犯人はなんとなく覚えているけれども、細かい手口などを忘れてきたころにまた再び読むと多少感慨深いものがあります。

途中から話の概要を徐々に思い出してくると興ざめですが。
それでも仕方がないので、これも乗りかかった船だ、と思ってひたすら読んでいきます。
楽しいというか、そこにはもはや事務的な要素も含んできます。

新しい本をバンバン買えるようになりたいものですね。