乾くるみの「イニシエーション・ラブ」は映画化して話題になり、私の周りでも読んでいる人が増えてきました。
自分的には三年ほど前に読んだ本なので、今更読み返すのは何となく面倒で、読み返さずにいます。

というのは、話の筋をだいたいガッチリ覚えてしまっているからなのですが。
殺人事件とは違ったタイプのお話なので、若い読者層には比較的受け入れられやすいのではないか、と思われます。
ヒロインが前田敦子さんというのが、良いのか悪いのか何だかよくわかりませんが。

というか、彼女に芝居のセンスがあるのかどうかすら、知りませんし。
今までも彼女が出ているドラマなどをあまり見たことがないのです。

映画は、気が向いたら、ブルーレイで見てみたいなあ、と思っています。