麻耶雄高さんの神様ゲームを読み終えてから、今邑彩さんの本を読んでいます。
なんとか荘の殺人という本です。
殺人、という言葉が後につくと何となく、綾辻行人さんの小説みたいな雰囲気ですね。

実際には綾辻さんの本よりも深さがないかなあ、という感じがしますが。
文体自体はかなり読みやすいので万人向けのような気がします。

すらすら読めるし、会話が多いのですぐに読めてしまいますね。
今邑さんの小説は何冊か読んでいますが、映画化された「ルームメイト」という小説がけっこうおもしろかったです。
深田恭子さんが主演で、去年か一昨年にやっていたような気がします。

映画はあまり興味がないので見に行かなかったのですが、なんとなく評価が気になるところですね。
ブルーレイが出たら買ってみようかと思います。